Wi-Fi・格安SIM

Broad WiMAXなら違約金負担!!WiMAXは安く乗り換えられる。

あなたが現在WiMAXを契約中である場合、Broad WiMAXへの乗り換えが最安です。

  • 契約中のWiMAXの月額料金が上がりそう
  • 今の月額料金が高いから乗り換えたい
  • 古いWiMAXから快適な新機種に乗り換えたい

という方は、WiMAXの乗り換えどきです。

違約金を負担してくれるBroad WiMAXに乗り換えましょう。

WiMAXの乗り換えはBroad WiMAXが最安

Broad WiMAXが最安となる理由は、

  1. 違約金を負担してくれる
  2. 月額料金も最安級

という2点です。

1. 違約金を負担してくれる

安いプロバイダに乗り換えたくても、契約中のプロバイダの解約に高額な違約金が発生すると、結局余計なお金がかかってしまいます。

違約金の金額は解約時期によって変わりますが、多くのプロバイダが、

  • 初月-12ヶ月目:19,000円
  • 13-24ヶ月目:14,000円
  • 25ヶ月目以降:9,500円

といった感じです。違約金の調べ方は別記事でもまとめています↓↓

参考:WiMAXを解約するゾ!!解約方法や違約金の完全まとめ。

非常に高額ですよね。これらの違約金を負担してくれるため、Broad WiMAXは他社から乗り換える際に最安のプロバイダとなるわけです。

違約金負担について詳しく見る:BroadWiMAX

(公式サイト画像)

2. 月額料金も最安級

月額料金の安さもBroad WiMAXの強みです。違約金は負担するけどその分月額料金が高い、だと選ぶ価値がないですからね。笑

業界最安級の人気プロバイダと比較すると、

  • GMO とくとくBB:3,252円/月
  • カシモWiMAX:3,338円/月
  • FUJI Wifi:3,063円/月
  • Broad WiMAX:3,646円/月

と、若干高く見えますが、他が安すぎるだけです。全体でみるとBroad WiMAXは非常に安いプロバイダになります。(あらゆる要素から算出した実質月額料金を記載しています。算出方法詳細は、FUJI WifiはポケットWi-Fi界最強か!? FUJI WifiとWiMAXはどちらを選ぶべきなのか。をご参照ください。)

月額料金は最安のプロバイダと比較すると若干高いですが、【違約金の負担】によって相殺どころか最安のプロバイダになるわけですね。

最安の料金プランを確認する:BroadWiMAX

Broad WiMAXの注意点

Broad WiMAX契約の際の注意点は、

  1. 契約期間が3年である
  2. 違約金が9,500円であれば他社の方が安い。
  3. 初期費用0円適用に条件がある

の3点です。

1. 契約期間が3年である

まず、契約期間が3年である点に注意です。2年プランはありません。

そして、3年目から月額料金が4,011円と高くなります。実質月額料金が最安級の他社より高くなっていたのはこのためです。

途中で解約するとなると、もちろん違約金が発生します。

  • 1-12ヶ月以内の解約:19,000円
  • 13-24ヶ月以内の解約:14,000円
  • 25ヶ月目以降:9,500円

です。(38ヶ月目以降は更新月なら0円)

2. 違約金が9,500円であれば他社の方が安い。

違約金を負担してくれるからといって、必ずBroad WiMAXが安いわけではありません。違約金が9,500円の場合は、他社で契約した方が最終的に安くなります。

違約金を支払ってでも、Broad WiMAXより月額料金の安いプロバイダで契約した方が最終的に安く済むということです。

月額料金最安のプロバイダについてはこちらを参考にしてください↓↓

逆に言うと、1万円以上の違約金が発生する場合は 、Broad WiMAXで契約する方が安く済むということですね。

3. 初期費用0円適用に条件がある

Broad WiMAXは初期費用が18,857円と非常に高額ですが、簡単な条件を満たすと0円にできます。

条件は、

  1. Web申し込み
  2. 3年プラン契約
  3. クレジットカード払い
  4. 有料オプション加入(即解約可能)

の4つです。

注意すべきは「4. 有料オプション加入」だけで、2つの有料オプションに加入する必要があります。そのオプションとは、

  • 安心サポートプラス:WiMAXの無料修理
  • MyBroadサポート:PC/Android用セキュリティソフト付属

の2つです。

商品到着後、すぐに無料で解約できるので、不要な場合は忘れずに解約しましょう。(「安心サポートプラス」は、即解約しても初月分だけかかります。)

プランや初期費用詳細:BroadWiMAXの詳細をみる

Broad WiMAXのギガ放題プラン

ここからは、Broad WiMAXのギガ放題プラン(データ無制限プラン)について解説していきます。

  • 料金プラン
  • 速度制限
  • 「ハイスピードプラスエリアモード」注意点

の3つに分けて解説しています。

「ギガ放題」の料金プラン

ギガ放題プランの支払いイメージ

Broad Wimaxの「ギガ放題プラン」の支払いはこんな感じ。

2年目以降の月額料金は「GMO とくとくBB」や「カシモWiMAX」よりも安いです。

速度制限について

「ギガ放題」はデータ無制限のプランですが、速度制限がないわけではありません。(これはBroad WiMAX以外のプロバイダでも同じです)

  • 直近3日間で10GBのデータ通信を行うと、
  • 翌日18時〜26時の間に 、
  • 最大1Mbps程度に速度制限

がかかります。なので、短期間に集中的にデータ通信を行うと、高速通信が一時的にできなくなります。(1Mbps=YouTubeの標準画質をなんとか再生できる速度)

残念ながらWiMAXは、どこで契約しても3日間10GB制限があります。

この速度制限があっては困るという方は、WiMAXではなくFUJI Wifiを契約すべきです。ちなみに僕は1年前から、FUJI Wifiを愛用しております。

3日間10GBの制限等は一切なく、その月のデータ容量分自由に使えます。

「ハイスピードプラスエリアモード」の注意点

「 ハイスピードプラスエリアモード」とは、4G/LTEの通信を行うモードです。

  • WiMAX2+回線よりも圧倒的に安定している

ことが 最大の特徴です。つまり、WiMAX回線が繋がらない時に「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えて利用します。

通常、利用した月に1,007円の追加料金が必要になりますが、Broad WiMAXの3年プランにすると無料です。

ただし、「ハイスピードプラスエリアモード」には注意点があります。それが、

  • 当モードで7GBに達した場合、「道連れ規制」適用

ということです。詳しく説明しますね。

7GBに達した場合は「道連れ規制」される

「ハイスピードプラスエリアモード」の通信量が月7GBに到達すると、

  • ハイスピードプラスエリアモード(4G/LTE)
  • ハイスピードモード(WiMAX2+)

の両方に速度制限が適用されるということです。

両モードとも当月末まで128Kbpsに規制されます。

つまり、これに引っかかってしまうと、その月はほとんどWiMAXが使えないと思ってください。

逆にいうと、4G/LTE回線も6.9GBまでは制限なく使えるので、6.9GBまで使って「ハイスピードモード」に切り替えれば問題ありません

到着後8日以内なら無料で解約可能

Broad WiMAXは、一度契約しても、商品到着後8日以内であれば契約をキャンセルできます。クーリングオフみたいなものですね。

  • 実際の速度が知りたい
  • エリア的に利用可能か不安
  • 高所/屋内/地方等でも利用可能か不安

これらを十分に検証できるだけの試用期間があるということですね。

試してみて、「これは使える」と判断すればそのまま使い続ければOK、あなたに合わなかった場合はキャンセルしてしまえばOKです。

BroadWiMAXお申込はコチラ

まとめ:お得に乗り換えるなら「Broad WiMAX 」

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

WiMAXの高額な違約金を負担してくれるプロバイダはBroad WiMAXしかありません。

Broad WiMAXにもデメリットはありましたが、違約金の負担はそれを上回るメリットです。

8日以内ならキャンセルも可能なので、そろそろ契約中のプロバイダから乗り換えたいという方は、Broad WiMAXを試してみてください。

BroadWiMAXお申込はコチラ

おしまい。おおきに。