ズボラめし・つまみ

うまい自家製「鶏ハム」を簡単に!!つまみに最高な鶏ハムのレシピを研究するゾ。

こんにちは。こんばんは。

最近、簡単に作れてうまいつまみを色々試してるけいです。

今回は、家で簡単に作れる「鶏ハム」のレシピ・作り方を紹介します。

  • 安くでうまいつまみを作りたい方
  • 家で飲むのが好きな方
  • 手間なしつまみを自分で作りたい方

の参考になればと思います。

簡単に言うと、

鶏肉に色々すり込む→放置する→火を通す

だけです。ちょーカンタン。

「鶏ハム」のレシピ

材料

f:id:kei-T:20180308141608j:plain

材料は、

  • 鶏むね肉
  • 塩…大さじ2
  • 砂糖…大さじ2
  • ブラックペッパー…適量
  • ハーブ…適量

です。

最後のハーブはなくてもいいですが、あった方が本格的です。

今回僕はローズマリーを使いましたが、バジルやセージでもいいです。

もしくは、クレイジーソルトでも代用できます。

手順1. 鶏肉の皮を剥ぐ

まずは、鶏肉の皮を剥ぎ、ヌメリを洗い流しましょう。

f:id:kei-T:20180308142816j:plain

皮は鶏ハムには使いません。(カリッと焼いたらうまいですよね)

ヌメリはそんなに神経質にならなくて大丈夫です。

手順2. 味を塗りたくる

砂糖・塩・ブラックペッパー・ハーブを塗りたくります。

f:id:kei-T:20180308143738j:plain

↑ブラックペッパー忘れてました。笑

目安ですが、塩と砂糖は片面につきそれぞれ大さじ1くらいです。

あまり多いと塩辛くなりすぎるので、これくらいがいい塩梅でした。

ハーブもブラックペッパーも同量でいいです。

よーーくすり込みましょう。

めんどくさいのはココだけです。笑

手順3. 密閉して冷蔵庫へ

f:id:kei-T:20180308144744j:plain

よーくすり込んだら、

ジップロックやビニール袋に入れて密閉してください。

できるだけ空気は抜きましょう。

この状態で、冷蔵庫で2日間ほど放置します。

早く食べたい気持ちは抑えて、美味しくするために待ちましょう。

手順4. 塩抜きはきちんと。

2日間放置したら、袋から取り出し、塩抜きをします。

f:id:kei-T:20180308145844j:plain

1時間半ほど水に浸けましょう。

塩抜きは重要な工程なので、適当に済ませてはダメです。

塩辛くなっちゃいます。

手順5. 加熱するゾ

さぁもう少し。

f:id:kei-T:20180308150726j:plain

塩抜きが終わったら、ラップでキツめに包んで沸騰した鍋に入れます

再沸騰したら火を止めて、冷めるまで蓋をして放置しましょう。

入れても沸騰したまんまだったら 、すぐに火を止めていいです。

沸騰させたままおいとくと火が通り過ぎて硬くなるのでご注意。

完成は目前です。

手順6. カットして完成!!

覚めたら取り出します。

f:id:kei-T:20180308151459j:plain

カットします。

その前に冷蔵庫で冷やしてもいいです。

カットして。。

f:id:kei-T:20180308151845j:plain

完成!!

薄ピンク色に火が通ってれば、いい感じやと思います。

最高に柔らかくてうまい鶏ハムができてるはずです:)

食べ方

そのままでもうまいです。

あえて何かつけるなら、マヨネーズやレモンがいいですね。

僕はレモンをぎゅっと絞って食うのが好きです。

f:id:kei-T:20180308153055j:plain

これにビールさえあれば、もう最高。

ごぶごぶヤりましょう。

特筆すべき注意点

ハーブのやりすぎに注意

今回はローズマリーを使いましたが、他のハーブを使うにしても、量に注意しましょう。あまりにもハーブになっちまいます。

ハム感を出すためにハーブがあるといいんですが、多すぎると逆効果です。

特にローズマリーは風味が強いので、塩抜きの時にたくさん洗い落とした方がうまくできます。

火の通し具合に注意

2日間放置し、ラップに包んで火を通す時です。

ハムを入れて沸騰してたらすぐに火を止めてください。

あとは、蓋をして冷めるまで待てば、いい具合に火が通ってると思います。

逆に、あまりに生でもうまくないです。

白っぽい薄ピンク色の肉を目指しましょう。

+++++

はい、自家製鶏ハムのレシピは以上です。

やっすい鶏肉が、

調味料すり込んで放置する

火を通す

たったこれだけで簡単に鶏ハムとして、うまいつまみになります。

放置するので時間は多少かかりますが、

安くて簡単でうまいので、ぜひやってみてくださいな。

おしまい。

おおきに。