マニアの香水評価

「ディオール オム コロン」の評価と口コミ!溢れる清潔感とどこか色気もある香水。

こんにちは。こんばんは。
香水マニアのけいです。

前回は「Dior Homme Sport」の評価記事を書きました。あれは、夏でもセクシーさのある香水が欲しい方に非常におすすめです。

今回は、 同じくChristian Dior(クリスチャン・ディオール)の、「Dior Homme Cologne(ディオール オム コロン)」という香水について評価していきます。こちらはより爽やかな香水です。また、漠然とした言い方ですが、完成度はこちらの「Dior Homme Cologne」の方がやや勝ってるように感じます。この理由については本文をどーぞ。

シンプルで洗練された、清潔な空気を纏える香水です。

オールシーズンつけられるシトラス系の香水をお探しの方はぜひ。

評価

まずは、香りの種類についての数値的な評価をします。香りのイメージをつけてもらいやすいと思うので。

<6項目5段階評価>

さわやかさ ★★★★★

甘さ ★★☆☆☆

スパイシーさ ★★☆☆☆

高級感 ★★★★☆

清潔感 ★★★★★

万人受け ★★★★★

トップノート

つけたては非常にフレッシュなレモンの香りがスッと来ます。よくあるお菓子っぽいべたっと甘い香りではなく、上質な香水であることをこの段階から感じます。

ミドルノート

レモンのはじけるような清涼感がふわっと引いていき、次に来るのはフローラルです。グレープフルーツやオレンジの果実感も含まれてます。

ベースがホワイトムスクであるため、フルーティフローラルの中に柔らかいセクシーさをそこはかとなく感じさせる香りになってます。

ラストノート

ミドルから大きな変化はなく、フレッシュなグレープフルーツとホワイトムスクの落ち着きが絶妙なバランスで混在してます。

各項目の説明と詳細

上で数値的に評価した項目について、詳しく解説していきます。

「どういう甘さか」「どういうスパイシーさか」といったことを解説します。

爽やかさ(★★★★★)

つけたては非常にフレッシュなレモンです。ここが最も爽やか。レモンが引くとグレープフルーツが来ますが、これはホワイトムスクとマッチして、爽やかなだけでない優しい香りに変化します。まぁ基本的には一貫して爽やかな香水です。

甘さ(★★☆☆☆)

甘さはあまり感じません。フルーティな香りが続きますが、甘さを抜いた感じの果実感です。ベースのホワイトムスク以外は爽やかさに振り切ってます。

スパイシーさ(★★☆☆☆)

スパイシーさもほぼありません。

高級感(★★★★☆)

爽やかな果実の香りでありながらも、安っぽさがまるでないのは「Diorさんさすがっす」って感じですね。香りの系統としてはよくあるシトラスベースの清潔な香りですが、ホワイトムスクが高級感を出す上で絶妙な仕事をしています。

清潔感(★★★★★)

シトラス系で甘さもないので清潔感も抜群です。キャッチコピーが「洗いたてのシャツを着るような感覚」とされてますが、納得です。

万人ウケ(★★★★★)

甘さを抜いたシトラスベースの香水なので、甘い香りが苦手な方でも全然気にならないと思います。

ディオール オム コロンの口コミ

Dior Homme Cologe(ディオール オム コロン)について、ネット上での口コミをここでいくつかピックアップしますね。最後に「@cosme」さんのURLも貼っておくので、もっと口コミを大量に見たい方はどーぞ。

@cosme公式サイト

”清潔”で”クール”な雰囲気を纏いたいならコレ。

爽やかなシトラス系で清潔感溢れる香りが好きな方は間違いないです。ベースはホワイトムスクでほんの少しのセクシーさも共存しており、そこはかとない色気を感じさせます。

清潔感とそれをジャマしない程度の微かな色っぽさが似合う、クールな大人の雰囲気を出したい方に最適の香水です。

おしまい。

おおきに。